カンボジアからの技能実習生

img-1

人材不足が叫ばれている昨今、女性や外国人、シニア社員などの労働力に期待が高まっています。特に日本で働くことを希望する外国人は多く需要と供給がマッチしているので、外国人労働者は将来的にどんどん増加していくのではないかと考えられています。

しかし、外国人が日本で働く場合に問題となるのが、言葉の壁と技術や能力の不足です。一度も日本で暮らしたことのない外国人が、いきなり戦力となって働ける職場はかなり限られることでしょう。

外国人技能実習生の情報を調べてみましょう。

そこで、その問題をクリアして外国人労働者の雇用を増やしていくために出来たシステムが、外国人技能実習生制度です。

この制度では、一定期間外国人に実際に実習生として職場内で訓練を行うことで技能を習得してもらう人材育成の制度です。日本国内で実習を行う場合もありますし、海外にある日本企業の工場などで訓練する場合もあります。

その中でも近年注目を浴びているのが、カンボジアからの技能実習生達です。



カンボジアはインドシナ半島にある仏教徒の国で、国民は勤勉で穏やかな性格であることで有名です。日本に対して良いイメージを持つ国民が多く、若い人達の技能実習生への希望が多くあるようです。カンボジア人技能実習生はとても真面目に学んでくれるので、多くの企業で成功事例が出ており、しかも国民性が日本人と大変近いということもあり、働き始めてからも人間関係や仕事上の技能の面で問題が起きることがほとんど無いようです。



関連リンク

img-2
カンボジアの技能実習生の特徴とは

技能実習制度とは、日本で培われた技術や知識を開発途上国へ伝えることで、人材育成をサポートするのが目的とする制度です。技能実習生は、日本の企業などで技術・技能を会得するために来ている外国人のことで、中国やインドネシア、フィリピンやカンボジアなど様々な国の人々が利用しています。...

more
img-2
カンボジアから多くの技能実習生として来日しています

カンボジアといえば、アンコールワットで知られている歴史の古い国です。内戦も終息して、近年では目覚ましい経済発展を遂げてきています。...

more
top