カンボジアの技能実習生の特徴とは

img-1

技能実習制度とは、日本で培われた技術や知識を開発途上国へ伝えることで、人材育成をサポートするのが目的とする制度です。
技能実習生は、日本の企業などで技術・技能を会得するために来ている外国人のことで、中国やインドネシア、フィリピンやカンボジアなど様々な国の人々が利用しています。
技能実習生として日本で働くためには、滞在するために在留資格の「技能実習」の許可をとる必要があります。

カンボジアの技能実習生との上手な付き合い方をお知らせします。

許可を取る手続きは煩雑で、日本側の企業と送り出す国側の候補者の情報、どのような技術を勉強するのか等の情報を整理し、入国管理局に申請しなければなりません。
申請の手間を軽減するために、送り出しと受け入れのサポートを行う組合や機関が存在します。

カンボジアの技能実習生は、自己主張を得意としませんが、周囲の人との調和を重んじ、相手の気持ちを汲み取るのが上手と言われています。日本人と似た性質の人が多いため、日本文化に素早く馴染むことも期待できます。



さらに敬虔な仏教徒が多く、年上や目上の人に対する礼儀や敬意を持ち合わせているのも特徴です。



また、タイやベトナムなど目覚ましい経済発展を見せる近隣諸国と比べると、カンボジアはやや出遅れ気味です。

労働者の賃金を見ても、タイの5分の1しかありません。

カンボジアは経済が出遅れてるせいで、若者に十分な仕事が回ってきません。


そのため日本で技術や知識を獲得することに意欲的な若者が多く、何事も真面目で真摯な姿勢で取り組みます。

関連リンク

img-2
カンボジア技能実習生の特徴

カンボジアはおよそ1.500万人の人口を有しそのほとんどが熱心な仏教徒です。勤勉で誠実な国民性を持っており年上を敬う心に長けているのは日本と通じるものがあります。...

more
img-2
カンボジアの技能実習生として働くための流れ

カンボジアの方を技能実習生として雇い入れる場合会社によって直接採用をするところとまずはヒアリングを行う場合があります。ヒアリングを行う場合は受け入れ企業の実習生受け入れ希望を貰い、企業から業種や職種、雇用条件などの詳細の求人情報をヒアリングします。...

more
top