カンボジアから多くの技能実習生として来日しています

img-1

カンボジアといえば、アンコールワットで知られている歴史の古い国です。

内戦も終息して、近年では目覚ましい経済発展を遂げてきています。

しかし、その一方で、国民の間の経済格差が広がり、教育水準も伸び悩んでいるという現状があります。


非識字率が高く、貧困をはじめとして解決すべき課題は山積しています。

カンボジアでは、そういった現状から脱却するために、人材育成に非常に熱心に取り組んでいます。



その一環として、経済発展や産業振興の担い手となるスタッフの養成のために、先進国の先進的な技能や知識を習得させようとしております。



日本でも、このような発展途上国のニーズに応えるために、実習生を受け入れるシステムが法律で定められています。
外国人技能実習制度というものです。


カンボジアからも多くの技能実習生が日本にやってきています。


もちろん、カンボジアから日本にやってきて、技能実習生として働くためには、日本に一定の期間にわたって滞在するのに必要な許可をとらなければなりません。
在留資格の許可を得るためには、日本側の受け入れ企業と、カンボジア国側の企業技能実習生候補者の詳しい情報を入国管理局に申請することが必要です。日本に来てどのような技能を学ぶのか、といったことは当然確認されます。

目的別のカンボジアの技能実習生は支持されています。

そのような情報を整理することで、技能実習生として働くことが認められることとなります。外国人技能実習制度によって、発展途上国の経済成長に寄与することができますので、日本国としても、国際貢献に寄与できることとなります。

関連リンク

img-2
カンボジア技能実習生の特徴

カンボジアはおよそ1.500万人の人口を有しそのほとんどが熱心な仏教徒です。勤勉で誠実な国民性を持っており年上を敬う心に長けているのは日本と通じるものがあります。...

more
img-2
カンボジアの技能実習生として働くための流れ

カンボジアの方を技能実習生として雇い入れる場合会社によって直接採用をするところとまずはヒアリングを行う場合があります。ヒアリングを行う場合は受け入れ企業の実習生受け入れ希望を貰い、企業から業種や職種、雇用条件などの詳細の求人情報をヒアリングします。...

more
top