カンボジアの技能実習生として働くための流れ

img-1

カンボジアの方を技能実習生として雇い入れる場合会社によって直接採用をするところとまずはヒアリングを行う場合があります。

ヒアリングを行う場合は受け入れ企業の実習生受け入れ希望を貰い、企業から業種や職種、雇用条件などの詳細の求人情報をヒアリングします。

目的別のカンボジアの外国人研修生に関する最新情報はこちらです。

そこで企業側と学生側の条件がマッチしたら送り出しを開始します。
このようにすることで企業と技術実習生の間でギャップを減らし円滑に学ぶことができる環境を整えます。
技術実習生として働くための流れとしてまず挙げられるのが求人書類を準備することです。



雇用契約書、雇用条件書を作成したり面接渡航をするために必要なビザを発行したり渡航スケジュールを決めていきます。
必要書類が揃えば続いては面接試験を受ける必要があるので面接に備えてしっかりと対策をしましょう。

無事に面接を終えて採用が決定すると事前準備していた雇用契約を学生たちと結びます。
その後はカンボジアの方が日本で技能実習生として働くために必要な日本語をレベルに応じてトレーニングをすることがあります。



さらにカンボジアの技能実習生の面接が終了するとすぐに送り出し機関による書類作成に入ります。

履歴書や派遣元企業概要書、労働省提出書類などを作成し、各省庁や機関・協会に提出するため出来るだけ早急に対応することが求められます。
またカンボジアだけでなく日本へ送る書類も同時に作成する必要があり、技能実習生として働くためにはしっかりとした段取りが必要になります。

関連リンク

img-2
カンボジア技能実習生の特徴

カンボジアはおよそ1.500万人の人口を有しそのほとんどが熱心な仏教徒です。勤勉で誠実な国民性を持っており年上を敬う心に長けているのは日本と通じるものがあります。...

more
img-2
カンボジアの技能実習生として働くための流れ

カンボジアの方を技能実習生として雇い入れる場合会社によって直接採用をするところとまずはヒアリングを行う場合があります。ヒアリングを行う場合は受け入れ企業の実習生受け入れ希望を貰い、企業から業種や職種、雇用条件などの詳細の求人情報をヒアリングします。...

more
top